「ていねい脱毛グランモアGranMore」の脱毛方式は「光:フラッシュ脱毛」の一種なのですが、一般的な広範囲を一気に照射する脱毛マシンではなく、

一回照射の単発式で、狭い箇所を丁寧に脱毛していくILPという方式なので、光脱毛では難しいといわれていたホクロだったり、金髪のようなものもかなりの精度で脱毛できるみたい。

なかなか差がわからないとおもいますが、サイトにも書いてあるようにカウンセリングだけでも無料でしてくれますし、他店と比べるためのヒアリングであってもウェルカムだそうですから、どんどん質問だけでもしに言行っちゃいましょう(^-^)

とにかく場所が便利なので、学校や職場からでも行きやすいです。

なにせ阪急梅田の駅降りたらすぐなので、主婦でも買い物とセットに組み込みやすい(^-^)

「グランモアGranMore」は脱毛以前にトータルエステサロンなので、脱毛だけでなくヒト脂肪由来 幹細胞培養液とか、水素、高濃度炭酸、バイオプランタなど興味をそそるメニューが目白押し(@_@)

まだまだ未知なる美容分野がいっぱいあることにも、ちょっと衝撃を受けました!

田中宥久子さんの「造顔マッサージ」正規継承サロンでもあるので、そちらのほうを知っているという友人もいました。

無料のカウンセリングは、脱毛経験があれば多少短くなるとは思いますが、説明もリーフレットを使った「ていねい」なもので、1時間から1時間半が平均的なカウンセリング所要時間とのこと。

カウンセリングルームはもちろん個室。照明も若干落とし気味。落ち着いた雰囲気です。

グランモアでの脱毛の流れ

エステのお部屋と脱毛のお部屋では違うようですが、脱毛の場合は脱毛機とベッドがあります。

着替え用のタオルウェアと共に、アクセサリやメガネを置けるトレイ・ティッシュ類、もちろんハンガーも準備されています。

施術部位によってはペーパーショーツを使うことがあると思いますが、なんとっ!使用済みペーパーショーツを捨てるためのエチケット袋が一緒に準備されていて感動!

着替えたら施術用ベッドに横になります。

脱毛の下準備にまず「酸化イオン水」のナノミストをかけてくれます。

この酸化イオン水ミストは保湿と同時にバリア機能の低下している箇所を助けるために使うそうです。

でこの後脱毛に進むのか、と思いきや、イオン水はふき取られ・・・
新たに美容成分入りのジェルを塗られます。(@_@)

IPL脱毛は「ジェルを使わない」はずでわ?と質問してみると、光を補助する「脱毛ジェル」を使わない、という意味なんだそうです。

グランモアのジェルは肌負担の軽減と美容成分の補給のためなので、役割も意味も違うジェルだと言われました

ジェルの上から脱毛機の光を当てて、脱毛していきます。

一回照射の単発式なので、止まりながら進む?感じです。

施術後はこのジェルはスポンジのようなもので拭きとられ、最初と同じ「酸化イオン水」で一旦きれいにふき取ってくれてから、今度はクールダウンと保湿用にまた別の「海洋深層水が主成分のMANNAマナ アクアミネラルジェル」を塗られます(@_@)

アクアミネラルジェルはべたつきませんので、頼めばふき取ってももらえますが、もったいない?ので手で馴染ませるくらいで充分~~

ほんっとに「ていねい脱毛」だわ(@_@)

IPL脱毛・痛みは?

ピッという音がするので、脱毛しているのはわかりますが、部位によっては無痛。

感覚的に照射する窓?はもっと広いように想像していましたが、見たとおり、かなり細く狭いです。光のあたる範囲が狭いことによって「ていねい」な脱毛が可能なんですよと聞くと、納得~~(@o@)

確かにこれくらいのサイズなら小回りが利きます。黒子とか傷などがあっても、きちんと避けて施術できるのがよくわかりました。

確実に狙いうちできる細やかな施術だから無駄がなく結果も早い、という照射する面が小さい利点も納得できました。

なんとなく痛みが強いと効果も高いような錯覚がありましたが、まさに錯覚で、痛いから早く結果がでるわけではなく、メラニン色素に反応しているから。

グランモアで脱毛しているなら、痛いときは言えば、すぐ調整してもらえるのも有難いですよね。

調整してもしてもダメな場合もなくはないと思いますが、そいういう時はキャンセルも当然として受けてくれるそうです。

脱毛だけでなく、肌を美しくするためのサロン!だという矜持を感じました。

部分脱毛だけでもOK

「丁寧」に通じるものがあると思いますが、部分だけの脱毛コースもあるので、使いやすいかなと思いました。

実用的な意味でも、部分脱毛だと価格もぐぐっと押えられるのが魅力的。

キャンペーン価格だと一部位が6回完了コース:2700円(税込)とか!思わず2度見したくらい(^o^;)

あ、施術後に「もどうでしたか」と感想などは聞いてこられますが、料金などは最初のカウンセリング時に説明があるので、最後にもう一度ダメ押し勧誘とか強引プッシュとかもありません。

そんなことをすれば今やSNSで瞬時に広がるので、最近では強引な勧誘そのものが減っているのでわ?と仰っていましたが、言われてみればそうですよね。クチコミとかいうレベルをとうに超えているようなスピードで拡散しますもんね(^o^;)

脱毛直後の注意点

日焼けはNG。すでに人工的に焼いてる状態なので、気を付けましょう!というあたりはグランモアに限らず、あらゆる「光」を使った脱毛に共通の留意点です。

軽い火傷状態になっているわけですから保湿にも気をつけないといけません。

ほとんどの脱毛サロンで施術後にクールダウン用のジェルを塗りますし、家でもケアするよう言われるはずです。グランモアではクールダウン用には「海洋深層水」のジェルを塗ってくれるんですが「海洋深層水」にもマークがあることを初めて知りました(^o^;)

脱毛した当日の入浴などは控え、ぬるめのシャワーをさっとあびる程度が安全。

脱毛前の注意とキャンセル

グランモアは脱毛前には自分で処理をして行くサロン。前日までにシェーバーでお手入れしておかないといけません。

剃り残しを剃ってくれるサロンもありますが、グランモアではむしろ、そこを避けての施術になります。

女性の体調は急変することもあるので、美しく気持ちよくなってもらえないのはビューティーサロンとして不本意とのことで、素敵な考えた方だなぁと思いました。

近年では若い女性であっても出張や転勤なども普通に起きるので、コースの中途解約なども、顧客ファースト目線で対応してくださるそうです。

グランモアの姿勢に感動して他サロンから乗り換える方がわりといらっしゃる、というのもあながち誇張ではないと感じました。

予約は来店時に次回分をいれるシステムなので、比較的取りやすいそうです。